愛知県産婦人科医会

産婦人科の取り扱う病気、症状について、詳しくい解説いたします。産婦人科を受診する前のご参考にごらんください。

産婦人科の病気 1.更年期障害

女性は40才を過ぎる頃から、卵巣の働きが徐々に弱くなり女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が少しずつ減り始めます。
詳しくはこちら

産婦人科の病気 2.性感染症

性的接触によってうつる感染症。一人でお悩みの方もいらっしゃると思います。
詳しくはこちら。

産婦人科の病気 3. 子宮がん、乳がん検診

女性特有のがん、子宮がん、乳がんの検診について。
詳しくはこちら。

産婦人科の病気 4. 不妊症について

結婚して1年以上たっても妊娠しない時、その夫婦は不妊症と言えます。夫か妻、または両方にいろいろな原因があって妊娠できないのです。何故妊娠できないか、できるだけ早く診察を受け、不妊の原因を確かめる必要があります。
詳しくはこちら。