オフィシャルページ
医療機関はこちらボタン
よい赤ちゃんを産むためにボタン
こんな悩みは産婦人科へボタン
コラムボタン
医療相談・健康教育・検診事業ボタン
リンクボタン

1.性感染症

          -前のページに戻る-

1 性感染症の定義と最近の動向
・性的接触によってうつる感染症。
・かつては性病と呼ばれ、歓楽街の風俗嬢と性交渉をもった男性がかかる感染症であった。(梅毒、淋病)
・最近特に増えているのはクラミジア感染症。
  自覚症状に乏しく、適切な治療がされないまま感染が周囲に蔓延していくため、20才前後の若者に多い。
・それに次いで淋病、ヘルペス、コンジロームも比較的多い。
・様変わりした風俗店(ヘルスなど)の感染者が増えているので要注意

2性感染症の原因となる主な病原体と症状・疾患名
 

病原体
症状
疾患名
クラミジア 帯下(おりもの) 子宮頸管炎
淋菌 帯下 子宮頸管炎
トリコモナス原虫 帯下、かゆみ 膣炎
カンジダ(真菌) 帯下、かゆみ 膣炎、外陰炎
ヘルペス・ウィルス 外陰違和感 有痛性の小水疱疹
パピローマ・ウィルス 疣状隆起 外陰・膣コンジローマ
梅毒 自覚症状に乏しい 梅毒
HIVウィルス 自覚症状に乏しい エイズ

3性感染症の診断法

病原体
診断法
クラミジア 子宮頸管粘液による核酸増幅又は同定精密検査
淋菌 子宮頸管粘液による核酸増幅又は同定精密検査
トリコモナス原虫 膣分泌物の顕微鏡検査
カンジダ(真菌) 膣分泌物の顕微鏡検査、培養同定検査
ヘルペス・ウィルス 特徴的な小水疱疹で肉眼的に診断
パピローマ・ウィルス 特徴的なカリフラワー状隆起で肉眼的に診断
梅毒 血液検査
HIVウィルス 血液検査

4性感染症の治療

病原体
治療法
クラミジア 有効な薬剤(抗生物質)の内服
淋菌 有効な薬剤(抗生物質)の内服、注射
トリコモナス原虫 膣洗浄と有効な膣座剤の挿入、内服薬治療
カンジダ(真菌) 膣洗浄と有効な膣座剤の挿入(内服薬は無効)
ヘルペス・ウィルス 外科的治療(切除、凍結、レーザー治療)
パピローマ・ウィルス 特徴的なカリフラワー状隆起で肉眼的に診断
梅毒 有効な薬剤(抗生物質)の内服・注射
HIVウィルス 有効な薬剤(抗生物質)の内服・注射

 ☆感染力の強い性感染症はセックス・パートナーの同時治療が大事です。
  例)クラミジア、淋病、トリコモナス
5クラミジア・淋菌頸管炎の治療のポイント
1.治療は有効薬剤を淋菌では3〜5日間、クラミジアでは
  7〜14日間内服する。
2.処方された薬は必ず全部内服する。
3. 女性患者本人の治療に加え、パートナーの検査と治療を
  同時に行う。
4.治療終了の1〜2週間後に、必ず治癒確認検査をする。
5.本人とパートナ−の感染症が治癒するまで、SEX(性交)
  をしない。
6.再発チェックのため、数ヶ月後に再度検査をする。
6性感染症の予防・早期診断治療の勧め
 ・コンドームの使用
 ・少しでも感染の心配があれば、早めに産婦人科で診察を受ける。
 ・クラミジア・淋病は放置しておくと将来、不妊症、子宮外妊娠の原因になる。

                              -上に戻る-